ふみぶろぐ

The・適当

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-04-20 [ Wed ]
とりあえずブログ書かなきゃなぁと思ったわけですよ。
で、色々真面目なことをあれこれ考えてみたんですが、
まあこれが面白くないのなんのって。

自分なりの想いがあるにはあるんだけど、
いざ文章にしてみるとどうにもまとまらないし、
今更なことも多いし、
なんかもうこれ書かないほうがいいんじゃないかって。

というわけで全然関係ないことを書くことにしました。



そんなこんなで一年以上ぶりの私です。



で、じゃあ何書こうってことですが。
ちょうどどこかのウリ科の人がちょろっと話題に出してましたが、
ふみさん実はフリーゲームってやつが大好きなんです。

フリーゲームとは!
読んで字のごとくフリー(無料)なゲームである!!

今でも様々な人が新しいものを作って公開なさってますが、
多くは個人(またはサークル)が自由に作ったものですね。
企業が昔のPCゲームをまるごと無料公開とかもありますが、
そういうのはあんまりフリーゲームとは言わないかな。

中には追加データは有料とか、
全年齢版は無料だけど年齢制限版は有料とかもあって、
シェアウェア扱いになってるものもありますが、
本編が無料公開されてれば私はフリーゲームとしてプレイしてます。

作成ツールもたくさんありますが、
有名どころだと有料製品ではRPGツクールとか。
基本フリーなものだとアドベンチャー・ノベルでよく使われる、
吉里吉里/KAGなんかがありますかね。
最近あんまり接してないからもっと新しいものがあるかも?
どっちも多少触ったことがあるんですが、
一本きちんと完成させるっていうのはやはりすごいと思いました。
ときめきバンガード学園はちょっと作ってみたかった。

こうやって挙げるあたりからお察しですが、
基本的に私がやるフリーゲームといえば、
9割がたRPGかノベルゲーです。
特にRPGツクールの作品って、
スーファミ時代あたりの懐かしい感じのものが多いので、
そういうのがふとやりたくなった時に良いんですよね。
もちろん、スクリプトを組めばかなり複雑なものもできるので、
すごく凝ってる作品もあってびっくりさせられたりします。

ノベルゲーに関しては、ホラー系が好きなんですが、
やってる数から言えば乙女ゲーが多い気がします。
え? 意外? わかってるけど割と好きなんだよ!
デバッグに携わった作品も実はあったりするんですが、
さすがに名前は伏せておきます。
スタッフロールに載ってる名前は今の名前じゃないから、
見てもわかんないしね!

フリーゲームって、すごいものは本当にすごい。
これお金取ってもいいよ!! ってものも沢山あります。
そういうのを結構見てきたので、余計に思っちゃうんですよね。
最近の企業が出すゲームって、なんかイマイチだなって。

見た目はそりゃあ綺麗になりましたよね。
フリーゲームなんてグラフィック面で言えば及びもつかない。
まず3Dで作るのが難しいですしね。
大体はイラストやドット絵で頑張るしかない。

でもね、だから余計にRPGツクール作品なんかだと、
システム面での工夫やストーリーが際立って見えるんです。
言ってしまえば趣味の素人作品が多いわけなので、
甘く見てる部分もあるとは思いますけど、
それでもこれはすごいって思うことは何度もありました。

まあ逆に、同じ内容を美麗なグラフィックで作ったら、
特別感動しないってこともあるのかもしれませんけど、
そこはそれ、それもまたフリーゲームの持ち味ってことで。

おすすめのフリーゲームとかまとめてあるとこも多いので、
なんとなく何かやりたいけど買うほどじゃないんだよなぁ、
なんて時にみなさんもひとついかがでしょう。
最近はスマホアプリなんかでもあるみたいですね。
見た感じPCからの移植作品も多少あるようです。

ちなみにふみさんのおすすめは、
RPGツクールXP作品の「魔王物語物語」。
変な名前に見えるかもしれませんが、
これは正しく魔王物語物語なんです。
win10でもとりあえずちゃんと動いてました。

…そういやサーさんにラストバトルまで見せたのに、
さらっと負けてクリアしてなかった。
もっかいやろうかなぁ…(積みゲーを横目に見ながら)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ノベル系はともかく、RPG系はwizardryでシステムが完成されちゃってると思ってまして。TRPG好きなのでコンシューマ以前のシステムにも触れてる身としては、どうしてもそこらへんに目がいっちゃう。

ツクール系だとそこが弱いよねぇ…と思うんですが、どうなんでしょ?

>>ヒョタサン

Wizみたいなのもあった気がしますけど、まあツクールでやるとバランス取りにくそうな感じ。
システムでものすごく真新しいっていうのはさすがにあまり見ないですけどね。過去の作品に非常に似せてあるとかは、それだけスクリプトを書き込まないといけないので、オリジナルでないとはいえ再現度合い高いのは私はすごいと思います(シレンみたいなのもあったり)。あと私はやっぱりストーリーの部分の評価が多いかな。
魔王物語物語は、戦闘そのものは(あれこれ判定やらなにやら面白いものはありつつも)普通のコマンド選択式なんですが、戦闘開始までの段階がちょっと特殊で、シンボルエンカウント形式において実はさほどなかったものですね。私は好きです。何回もやるくらいには(全滅履歴0を未だに達成できない)。
自由度高いものってなるとやっぱりelonaがちと頭ひとつ抜けてますが、ゲームブックみたいな雰囲気を丁寧に表現してるツクール作品もあったりして、色々やってみると結構同じツクールでも全然違ってたりして面白いですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。